占いやおまじないの効果で人生をよい方向へ

自分の運勢を知ることができる占いの知識

繰り返しが必要

おまじないは繰り返すことで効果が高まる。

書店に行くと、おまじないや占いなどのコーナーがたいてい有ります。一番多いのは著者が欧米人の日本語翻訳モノです。日本ではおまじないというと「痛いの痛いの飛んでけー」が有名なぐらいですが、実は古くから沢山あります。 呪術という恐ろしい物から、祈願のようなな物までたくさんです。普段人目に触れないだけで、本当にたくさんあるのです。これらは厳密には「おまじない」で一括りにしてはいけないのかもしれませんが、あえて一括りにして論じてみます。 これらに共通するのは、たった一回では効果は出ないということです。何度も何度も繰り返すことで、初めて効果が出るのです。考えてみれば、一度試しただけでおまじないが効いてしまうとしたら、逆に危険ですよね。もしかすると、これはおまじないに備わった安全装置なのかもしれません。

今はパソコンの文書ソフトに書き込むタイプが流行っています。

昔は和紙に墨と筆で書いてこそのおまじないという感じでしたが、時代は変わりました。パソコンに内蔵されている文書ソフトにキーボードでおまじないを書き込むことでも、ほぼ同じ効果が得られるというのです。 やはり、何度も繰り返し書くことが大事なことには変わりはありません。帰宅後にパソコンの電源を入れ、ソフトを立ち上げおまじないを書く。これを毎日繰り返しているうちに効果が出てくるというのは驚きです。パソコン上の文字はゼロとイチからなるデジタルデータにすぎないのですから。 結局、紙に書いた言葉も、ソフトに書いた言葉も同じ効力があるということです。昔からある言葉には霊が宿るという「言霊」という言い伝えは、現代になっても生きています。その言霊効果は、口から発しても、紙に書いても、ソフトに書いても有効なのです。